Vライン処理の方法!当サイトのご紹介

子どもが生まれる前にしておけばよかったと思うことの1つに、ムダ毛のVライン処理をしておけばよかったということ。つまり、Vラインの永久脱毛をしておけばよかったということです。子育て中こそ、Vライン処理が必要なのに、脱毛エステに通っている時間的ゆとりも、金銭的なゆとりも、まったくありません。
だから、今、Vライン処理は自宅でするしかないです。子どもが寝静まった深夜、一人でVライン処理をするむなしさといったら何とも言えないものがありますが…。でも、そうしないと、子どもの突然の「プール行きたい」に答えることもできなくなってしまいますからね。

 

Vライン処理を自宅でするのに、私はいつも、カミソリで剃ってから毛抜きで処理をする方法を取っています。これは、正直言って、痛いですね。それに、肌もピリピリしてくるという欠点が大いにあると思うのですが、自宅に家庭用脱毛器がない私にとっては、手軽で安い方法というと、これが一番なのです。すぐにまた毛が生えてきてしまうという欠点もありますが、処理した後は、きれいになっていますしね。

 

こんな状態だから、IラインやOラインといった、他のアンダーヘアのラインを処理するなんて、もってのほか。今は自宅でVライン処理が精いっぱいです。本当は家庭用脱毛器でアンダーヘア対応のものを買って、自宅でVライン処理できれば、もっと効果も高くなって、肌にも負担が少ないかもしれないと思います。または、脱毛サロンでプロに脱毛してもらうのも確実でいいですよね。

 


更新履歴